愛子さま 成年行事 ティアラや白いドレス姿 祝意に笑顔で一礼

今月1日に20歳になった天皇皇后両陛下の長女の愛子さまは、5日、皇居で成年の行事に臨み、報道陣からの祝意に「ありがとうございます」と笑顔で一礼してこたえられました。

宮内庁によりますと、愛子さまは午前中、皇室の祖先などをまつる宮中三殿に参拝したあと、宮殿で、天皇陛下から「宝冠大綬章」と呼ばれる勲章を授けられました。

そして、昼すぎに天皇皇后両陛下への成年のあいさつを終えると、宮殿の「西車寄」で待つ報道陣の前に姿を見せられました。

ティアラと呼ばれる髪飾りや勲章を身につけた白いロングドレス姿の愛子さまは、少し緊張した様子で一礼し、報道陣から「愛子さまおめでとうございます」と声をかけられると、「ありがとうございます」と笑顔でこたえ、再び一礼してほほえまれました。

愛子さまは、続いて上皇ご夫妻にあいさつをするため、東京 港区にあるご夫妻の仮住まい先を初めて訪れ、門の前では車の窓を開けて集まった人たちににこやかな表情で手を振られていました。

新型コロナウイルスの影響で、面会を控えていたため、愛子さまと上皇ご夫妻が会われたのは、およそ1年9か月ぶりだということです。
愛子さまは、このあと皇居・宮殿に戻って、秋篠宮さまをはじめとする皇族方や、岸田総理大臣など三権の長から祝賀を受けられました。

そして、行事で使うティアラを貸してくれた天皇陛下の妹で元皇族の黒田清子さんなどからも祝賀を受けられたということです。

愛子さまは、今後、成年皇族として公務に臨むことになり、年明けには「新年祝賀の儀」や「歌会始」など、宮中の正月行事に出席される見通しです。

また、学業の落ち着く来年3月には、成年にあたっての記者会見に臨まれることになっています。

皇后さまの同級生が祝意

皇后さまの小学校から高校にかけての同級生で、天皇ご一家と家族ぐるみで親交のある川越啓子さんは、「ご幼少の頃からとても利発でかわいらしかった愛子さまが、すてきな女性に成長し、ご成年を迎えられましたことに、心からお喜び申し上げます」と、祝意をあらわしました。

川越さんは、愛子さまが自分の娘と遊ばれる姿を振り返り、「いつも活発に明るく動かれていて、運動神経がとてもすぐれていると感じていました。どんな時でも一生懸命で、全力でボールを追いかけてほおを紅潮させ、汗をたくさんかかれていた姿を思い出します」と話しました。

そして、「家族が互いを信頼し合うとても温かい雰囲気の家庭で育たれたので、おおらかで素直でまっすぐな女性に成長されたと思います」と語りました。

さらに、愛子さまの親譲りの人柄について、「天皇陛下のように誰とでも分け隔てなく接し、周囲への気遣いが本当にすばらしい方だと思います。皇后陛下にもよく似てユーモアのセンスをお持ちで、愛子さまを中心に笑いの輪が広がることがしばしばありました」と話しました。

そのうえで、これからの愛子さまについて、「大学生活が実り多きものでありますように、また、成年皇族としてのお務めも忙しくなってくると思いますが、持ち前の明るさと優しさでご活躍されますようお祈り申し上げます」と述べました。

川越さんは、最後に「天皇皇后両陛下が本当に愛情いっぱいに育てられたので、愛子さまも本当に両陛下のことが大好きで、ご家族の温かい絆を折々に感じることがありました。そのように愛情をいっぱい受けられたからこそ、愛子さまは、行く先々で温かいことばをかけたり、親しみやすくお話しになったりして、きっと多くの人たちが喜び、愛子さまのことが大好きになっちゃうんじゃないかと思います」と話していました。

皇后さまの主治医を務めた医師「もう20年かと感慨深い」

愛子さまの誕生にあたり、東宮職御用掛として皇后さまの妊娠から出産までの主治医を務めた山王病院名誉病院長の堤治さんは、「もう20年になるのかと思うと本当に感慨深いものがあります。愛子さまが、両陛下の愛情を受けて健やかに成長され、成年を迎えられますことを、誠におめでたくお祝い申し上げます」と祝意をあらわしています。

堤さんは、皇后さまの妊婦健診に毎回、天皇陛下が付き添われ、お二人で超音波の画像を見ながら愛子さまの様子を見守られていたと振り返ったうえで、皇后さまの母子手帳について「使う人の少ない体重を記録するページに、毎日毎日ご自分で点を打って記録をつけられ、それがつながって美しい線になっていくという、見た事もないすばらしい手帳でした」と明かしました。
そして、「愛子さまのことを思い、日々同じ時間帯に体重を記録し続けられた母親としての愛情に涙が出るぐらい感動しました」と話しました。

堤さんはまた、愛子さまの誕生の時の様子を語り、生まれてすぐ宮内庁病院に響き渡る大きな産声をあげられたとしたうえで、「元気なお子さまで、皇后さまがすぐに抱かれ、本当に幸せな母親の顔をされていました。天皇陛下も待望のお子さまがご自分によく似ていて、喜びが止まらないような笑顔でだっこされていました」と振り返りました。

そして愛子さまが、誕生から今に至るまで、両陛下の愛情を受けながら皇室の一員としてあるべき姿を学びとられてきていると思うと述べたうえで、「成年を迎えられ、これからは公務での活躍を期待する声も大きいと思いますが、ご誕生に立ち会わせていただいた者としては、幸せで楽しい人生を歩まれることを、ただただお祈りしたいと思います」と話しました。