台風21号 小笠原諸島 昼前にかけて大しけ 高波に十分注意

強い台風21号は小笠原諸島の父島の東を北東へ進んでいます。
小笠原諸島では昼前にかけてうねりを伴った大しけが続く見込みで、気象庁は高波に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、強い台風21号は、4日午前6時には小笠原諸島の父島の東南東280キロの海上を、1時間に45キロの速さで北東へ進んでいます。

中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル、中心から半径85キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は今後も北東へ進み、小笠原諸島からは次第に遠ざかっていますが、海上は昼前にかけてうねりを伴った大しけとなり、6日ごろにかけてしけが続く見込みです。

気象庁は高波に十分注意するよう呼びかけています。