トヨタ労組 来年春闘で賃上げ要求形式見直し 階級別や職種別に

トヨタ自動車の労働組合は、来年の春闘で賃上げ要求の形式を見直す方針を固めました。これまでの全組合員の平均ではなく「階級別」や「職種別」にきめ細かく要求額を示す方針で、一律の賃上げ要求を改める動きがほかの企業の労使交渉にも影響するかが注目されます。

トヨタ労組は、春闘の賃上げ要求では、これまで組合員全員の平均で要求額を提示してきました。

しかし、関係者によりますと、来年の春闘でトヨタ労組は「階級別」や「職種別」で賃上げの要求額を示す方針を固めました。

具体的には「主任職」や「指導職」といった階級ごとや、いわゆる「事務職」や「生産現場の技能職」などの職種ごとにそれぞれ要求額を決める方針です。

すべての組合員の平均で要求額を示すこれまでの形式では、それぞれの組合員にとってどの程度の賃上げとなるかが不明確だったため、よりきめ細かく要求水準を示すことで労使の議論を活発にするねらいがあるとしています。

それぞれの要求額は今後、詰める見通しです。

これまで日本企業では、従業員の基本給を一律に引き上げる「ベースアップ」をめぐる労使交渉が一般的でしたが、今回のトヨタ労組のように一律の賃上げ要求を改める動きが、ほかの企業の交渉にも影響するかが注目されます。