ゴルフ場でふるさと納税できる自販機 返礼品はプレー代補助券

静岡県御殿場市にあるゴルフ場に、ふるさと納税を行うことができる自動販売機が導入されました。返礼品として、そのままゴルフのプレー代金として利用できる補助券を受け取ることができるため、設置した御殿場市はふるさと納税の増加に期待を寄せています。

自動販売機は、御殿場市が1日、市内のゴルフ場に設置しました。

自動販売機はタッチパネル式で、利用する場合はまず、ふるさと納税として寄付する金額を1万3500円から6万7500円の間で選び、運転免許証を読み取らせて住所などを入力します。

クレジットカードで入金したあと、レシートを受け付けに提示すると、寄付した金額の3割相当の補助券を受け取れ、そのままゴルフのプレー代金として利用できます。

税控除に必要な書類は後日、市から郵送されます。

この自動販売機の導入は静岡県内で初めてだということです。

御殿場市によりますと、市内に9か所あるゴルフ場には年間30万人以上が訪れていて、今後すべてのゴルフ場にこの自動販売機を導入することにしています。

市によせられたふるさと納税は、昨年度、およそ12億円だったということで、御殿場市魅力発信課の田代茂義課長は「応援したいという気持ちからその場で寄付する形となり、ふるさと納税の本来の目的を達成できます。新たな寄付者の獲得につなげていきたいです」と話していました。