官房長官「家族と抱き締め合う日必ず来る」拉致被害者に向け

松野官房長官は、北朝鮮にいる拉致被害者に向けて放送しているラジオ番組の収録を行い、一日も早い帰国の実現に向けて全力で取り組むとしたうえで「ご家族と抱き締め合う日が必ず来るという思いを強く持ち続けて生き抜いてください」と呼びかけました。

拉致問題を担当する松野官房長官は、政府や北朝鮮に拉致された可能性が排除できない、いわゆる特定失踪者について調査している「特定失踪者問題調査会」が、北朝鮮にいる拉致被害者に向けて放送しているラジオ番組の収録を行いました。

この中で、松野官房長官は「拉致問題は、岸田内閣でも最重要課題と位置づけており、日本政府としてすべての拉致被害者の一日も早い帰国の実現に向けて総力を挙げて最大限の努力を行っている」と述べました。

そのうえで、「再び祖国の土を踏み、帰国を待ちわびるご家族と抱き締め合う日が、必ず来るという思いを強く持ち続け、どうか、お身体を大事にされて生き抜いてください」と呼びかけました。