青森県作成ゲーム「ぷよりんご」“難しすぎる”と話題に

人気パズルゲーム「ぷよぷよ」をベースにして青森県がつくった、同じ種類の県産りんごのブロックを消していく「ぷよりんご」が、11月23日からツイッターで公開されていて、「難しすぎる」などといった反応が相次ぎ、話題となっています。

青森県は日本一の生産量を誇るりんごに親しみを持ってもらおうと、同じ種類の県産りんごのブロックを4つ以上そろえて消していく、人気パズルゲーム「ぷよぷよ」をベースにした「ぷよりんご」をつくり、11月23日からツイッターで公開しています。

このゲームの「赤いリンゴ」版の難易度は3段階で、「やさしい」は「ふじ」や「世界一」など4種類のりんごのブロックが登場し、「ふつう」は5種類、「むずかしい」は「紅玉」や「北斗」のほか「サンふじ」も加わり、8種類のりんごを見分けながらブロックを消していかなくてはなりません。

県観光企画課がツイッターで公開したところ、およそ3万回のリツイートがあったほか、ゲームをした人から「難しすぎる」などの反応が相次ぎ話題となっています。

こうした反響を受けて、県は「王林」や「星の金貨」など最大8種類の「青いりんご」が登場するバージョンも公開しました。

この「ぷよりんご」はゲームメーカー「セガ」が提供する学習教材を使ってつくられていて、作成にあたった県観光企画課の三上咲希子さんは「県としてはりんごにたくさんの品種があることを皆さんに知っていただいて、ゲームも楽しんでもらいたいです」と話しています。

また、「難しい」などと反響が広がったことには驚いているとしたうえで、「あえて最初は赤いリンゴだけにすることで見分けが付きにくくなって難易度が格段に上がっていると思う。赤いりんごでも上の部分に白いところがあったり、つるの角度が違っているものがあったりするので、見分けるポイントになると思います」と話しています。