福島 喜多方市議会議長 議長職を辞職 衆院選中 同僚に現金渡す

福島県喜多方市の市議会議長が、先の衆議院選挙の期間中、支援する候補者の後援会に所属する同僚議員5人に現金合わせて15万円を渡していたことが分かりました。
議長は後援会活動でのガソリン代などを負担したいと考えたとしていますが、議会内で、公職選挙法に触れるおそれがあると指摘が出され28日、議長職を辞職しました。

喜多方市議会の議長を辞職したのは佐藤忠孝議員です。

本人の説明によりますと、佐藤議員は、先の衆議院選挙の福島4区に立候補し比例復活で当選した自民党の菅家一郎衆議院議員の後援会に入っていますが、選挙期間中だった10月下旬、後援会の同僚の市議会議員5人に現金合わせて15万円を渡したということです。

このことを知ったほかの議員から公職選挙法に触れるおそれがあると指摘されたことから、26日、議長職の辞職願いを議会に提出し、28日に開かれた緊急の本会議で、全会一致で認められました。

現金を受け取った議員は、全額、返却したということです。

佐藤議員は、現金を渡した理由について、衆議院選挙とは関係ないとしたうえで「当時は副議長の立場で後援会活動がしづらく、ほかの議員のガソリン代でも負担したいと思い、個人的に渡した」と説明しました。

そのうえで「法律に触れると分かっていたなら渡していなかった。自分の認識不足で混乱を招き反省している。今後こういったことがないよう、しっかりやっていきたい」と述べ、今後も議員活動を続ける考えを示しました。