元妻を殺害の疑い 38歳男逮捕 子どもの養育でトラブルか 青森

今月、青森県三沢市に住む元妻の首を絞めて殺害したとして、38歳の元夫が殺人の疑いで逮捕されました。警察によりますと、2人の間には子どもの養育などをめぐるトラブルがあったということで、事件のいきさつを調べています。

逮捕されたのは、三沢市高野沢の酪農業 千葉修平容疑者(38)です。

警察によりますと、三沢市松園町に住む元妻の濱岡恵さん(33)の首を絞めて殺害したとして殺人の疑いが持たれています。

今月21日午前5時すぎ、市内の道路でコンクリートブロックに衝突した状態で停止していた濱岡さんの軽乗用車の運転席で死亡しているのが見つかり、司法解剖の結果、首を絞められた痕があったことから、警察が25日、容疑者から事情を聞いたうえで逮捕しました。

警察は認否を明らかにしていません。

車が見つかった場所は、容疑者の自宅からおよそ10キロ離れていて、警察は、濱岡さんが今月20日の午後10時前に市内で知人と会ったあと、容疑者の自宅から車の発見現場までの間で殺害された可能性があるとしています。

2人はことし離婚し、子どもの養育などをめぐるトラブルがあったということで、警察が事件の詳しいいきさつを調べています。