兵庫 兄弟死亡火事 逮捕の伯父「ガソリン使って火を付けた」

兵庫県稲美町で住宅が放火され、小学生の兄弟が死亡した火事で、殺人などの疑いで逮捕された伯父が、「ガソリンを使って火を付けた」という供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かりました。住宅の車庫からは農機具用のガソリン缶が見つかっており、警察が関連を捜査しています。

今月19日の夜、兵庫県稲美町の住宅が全焼して小学6年生の松尾侑城さん(12)と小学1年生の眞輝さん(7)の兄弟が死亡しました。

現場に油のようなものがまかれたあとがあったことから、警察は捜査を進め24日、伯父の松尾留与容疑者(51)を殺人と放火の疑いで逮捕しました。

捜査関係者によりますと、伯父は「ガソリンを使って火を付けた」という供述をしているということです。室内の布団の燃え残りからはガソリンの成分が検出されていたほか、住宅の車庫からは農機具用のガソリンが入った缶が見つかったということです。

警察は、伯父が農機具用のガソリンを布団やその周辺にまいて火を付けた疑いがあるとみて詳しく調べています。