新種トカゲの仲間の化石見つかる この仲間では最古 兵庫 丹波

国内最大級の草食恐竜「丹波竜」など化石の発見が相次ぐ兵庫県丹波市のおよそ1億1000万年前の地層から新種のトカゲの仲間の化石が見つかりました。この仲間では最も古い化石だということで、進化などを知る貴重な資料として注目されます。

兵庫県丹波市にあるおよそ1億1000万年前の前期白亜紀の地層からは、国内最大級の草食恐竜「丹波竜」など化石の発見が相次いでいます。

おととし、兵庫県立人と自然の博物館などのグループが行った発掘調査で長さ2センチほどの下あごと歯の化石が新たに見つかりました。

この化石を詳しく解析したところ歯の付き方や形状などから、は虫類の仲間で、現在もアメリカ大陸や周辺の島に生息するドクトカゲ類に属する新種だとわかったということです。

全長は30センチほどと推定され、ドクトカゲ類の仲間としては最も古い化石だということです。

この新種は、歯の両側が鋭くとがり、「もろ刃の剣」に似ていることと、化石が発掘された地名「上滝」にちなんで「モロハサウルス・カミタキエンシス」と名付けられました。

兵庫県立人と自然の博物館の池田忠広主任研究員は「ドクトカゲ類の起源のほか、どのように大陸を移動分散し、進化したのかを知るうえで重要な手がかりとなる」と話しています。

化石は来月1日から兵庫県立人と自然の博物館で展示されます。