ロシアで炭鉱事故 現地メディア「死者52人」 メタンガス爆発か

ロシアのシベリアにある炭鉱で起きた事故でロシアのメディアは、地元政府などの話として、死者が52人に上ると伝えました。
検察当局は、メタンガスによる爆発が起きた可能性があるとみて、安全管理に問題がなかったか捜査を始めました。

シベリアのケメロボ州にあるリストビャジナヤ炭鉱で25日、何らかの原因で坑内に大量の煙が発生し、280人余りの作業員のうちおよそ50人が取り残されました。
この事故で、作業員と救助隊員、合わせて14人の死亡が確認されたほか、ロシアの複数のメディアは地元政府などの話として、坑内に生存者はおらず、死者が52人に上ると伝えました。

ロシア非常事態省によりますと、事故は深さおよそ250メートルの坑内で発生したということです。
また検察当局は、メタンガスによる爆発が起きた可能性があるとみて、現場の責任者を拘束し、安全管理に問題がなかったか捜査を始めました。

事故が起きた現場一帯は、ロシア有数の炭鉱地帯として知られ、2007年には100人以上が死亡する事故も起きています。