川崎市 市バスの運転手2人を停職6か月 バスの外へ立ち小便など

川崎市は、市バスの運転手2人を停職6か月の処分にしたと発表しました。1人は乗客がバスに乗る際に扉を閉めて足にけがを負わせ救助もせず、もう1人はバスの扉から外に向けて立ち小便をしていたということです。

停職6か月の懲戒処分を受けたのは、いずれも川崎市交通局塩浜営業所に所属する58歳と40歳の男性の市バスの運転手です。

市によりますと、このうち58歳の運転手はことし9月、女性客がバスに乗ろうとしているときに扉を閉めました。女性は扉に足を挟んで転倒しけがをしましたが、その際、運転手は救助や謝罪をせずにバスの運行を再開し、営業所に報告もしなかったということです。

また、40歳の運転手はことし10月下旬、2度にわたって制限速度を超えてバスを運行したほか、バスを路上にとめ、扉から路肩に向けて立ち小便をしたりバスの車内などで喫煙したうえ、路上に吸い殻を捨てたりしました。

いずれも、被害者の関係者や市民の連絡で判明し、2人は市の調査に対して事実を認め、「反省している」などと話しているということです。

川崎市は「市民の信頼を損なうことになったことを心よりおわび申し上げます。重く受け止めるとともに服務規律の徹底を図り信頼回復に努めます」としています。