愛知 中3男子刺殺 逮捕の生徒 被害者を廊下に呼び出し刺したか

24日、愛知県弥富市の中学校で、14歳の3年生の男子生徒が同学年の男子生徒に包丁で刺され殺害された事件で、逮捕された生徒が被害者の生徒を廊下に呼び出し刺したとみられることが捜査関係者への取材でわかりました。

24日、午前8時ごろ愛知県弥富市の中学校で、この学校に通う14歳の3年生の男子生徒が、同学年の14歳の男子生徒に包丁で腹部付近を刺され、死亡しました。

刺した生徒は、駆けつけた警察官に殺人未遂の疑いでその場で逮捕され、警察は容疑を殺人に切り替えて、25日、検察庁に送りました。
2人は、現在は別のクラスですが、2年生の時は同じクラスだったということで、捜査関係者によりますと、逮捕された生徒は調べに対し容疑を認めたうえで、「相手から嫌がらせを受けたと感じ、不満があった」という趣旨の供述をしているということです。
これまでの調べで、事件は、朝の「読書の時間」が始まる直前の午前8時ごろ、3年生の教室近くの廊下で起きたということですが、その際、逮捕された生徒が被害者の生徒を廊下に呼び出し刺したとみられることが、捜査関係者への取材でわかりました。

学校では、ほかのクラスの教室には入ってはいけないというルールがあったということで、警察は2人きりになる機会をつくりだそうとしたとみて、詳しく調べています。

亡くなった伊藤さんはスポーツが好きな明るい子

亡くなった伊藤柚輝さんは(14)、スポーツが好きな明るい子だったということです。

娘が伊藤さんと同じクラスだという女性は、「スポーツが好きであいさつをきちんとする子でした。小学生のときはサッカーをやっていて中学では野球部でした。みんなを引っ張っていくリーダーのような子でした」と話しました。

また、伊藤さんの近所に住む男性は、「元気な子でした。サッカーボールを蹴ったり、野球のバットを振ったりする姿をよく見ていました。帰ってくるときに『おかえり』と声をかけたら、『ただいま』と言ってくれて、しっかりあいさつができる明るい子でした」と話していました。