スウェーデン 初の女性首相選出も予算案否決で即日辞任表明

スウェーデンでは新しい首相に財務相を務めてきたアンデション氏が女性として初めて選ばれました。しかしその日のうちに政府が提案した新年度予算案が否決されたことから選ばれたばかりの首相が辞任を表明する事態となり、混乱が広がっています。

スウェーデンでは国内における住宅制度改革をめぐる政権の混乱を受けてロベーン首相が退任を表明し、後任の首相選びが進められてきました。

そして議会は24日、中道左派の与党、社会民主労働党の新しい党首でこれまで財務相を務めてきた54歳のマグダレナ・アンデション氏を女性として初めての首相に選出しました。

しかしその日のうちに政府が提案した新年度の予算案が議会で否決されたことを受け、アンデション氏は首相を辞任する意向を明らかにしました。

社会民主労働党はこれまで緑の党と少数連立政権を組み中道右派や左派の政党から協力を得てきましたが、新年度予算案をめぐる混乱を受けて緑の党が連立政権から離脱することを表明し、アンデション氏としては政権の維持は難しいと判断したものと見られます。

スウェーデン議会では25日、議長が今後の方針を明らかにする予定ですが、新たな首相が選出されてから一日もたたずに辞任を表明する異例の事態に混乱が広がっています。