中国 行方不明テニス選手 メディア編集長「近く姿現すだろう」

中国の前の副首相との関係を告白したのち行方が分からなくなったと伝えられている女子テニス選手について、中国共産党系メディアの編集長はツイッターに「近く公の場に姿を現すだろう」と投稿し、選手の最近の様子だとする写真も紹介しました。

中国の女子プロテニスの彭帥選手をめぐっては、中国共産党の最高指導部のメンバーだった張高麗前副首相と一時不倫関係にあったことを告白したとされる文書がSNS上に投稿され、その後行方が分からなくなったと伝えられています。

これまでにアメリカ政府や国連の機関が彭選手の安否や所在を明らかにするよう求めているほか、世界の著名なテニス選手からも懸念の声が上がっています。

こうした中、中国共産党系のメディア、環球時報の胡錫進編集長は、20日ツイッターに「彭選手はここ数日、自宅で自由に過ごしていて邪魔をされたくないと思っている。近く公の場に姿を現し、何らかの活動に参加するだろう」と投稿しました。

さらに、国営メディアの関係者が投稿した彭選手の最近の様子だとする写真をリツイートして紹介していますが、これらの写真がどのような状況で撮影されたかは分かっていません。

国際社会から日増しに批判が高まる中、中国側としては、影響力のあるメディア関係者の発信を通じて、懸念を打ち消すねらいがあるものとみられます。