立民代表選 立候補予定者対象の事前説明会 5陣営の関係者出席

立憲民主党の代表選挙が19日に告示されるのを前に、立候補予定者を対象とした事前説明会が開かれ、立候補を表明した泉政務調査会長と逢坂元総理大臣補佐官など、合わせて5つの陣営の関係者が出席しました。

立憲民主党の代表選挙は19日告示、30日投開票の日程で行われることになっていて、これを前に17日午後、党本部で立候補予定者を対象とした事前説明会が開かれました。

説明会には、17日に立候補を正式に表明した、泉健太政務調査会長と逢坂誠二元総理大臣補佐官のほか、大串博志役員室長、小川淳也国会対策副委員長、それに西村智奈美元厚生労働副大臣の合わせて5つの陣営の関係者が出席しました。

説明会で、代表選挙管理委員会の難波奨二委員長は「感染症対策も念頭に入れながら、わが党の反転攻勢となる代表選挙になるよう協力をお願いしたい」と述べました。

今回の代表選挙は、党所属の国会議員のほか、国政選挙の公認候補予定者、地方議員、党員・サポーターによる投票で争われます