踏切で列車と乗用車が衝突 乗用車運転の男性死亡 JR羽越本線

7日朝、秋田県由利本荘市のJR羽越本線の踏切で、普通列車が車と衝突し、車を運転していた市内に住む66歳の男性が死亡しました。
警察が事故の状況や原因を調べています。

7日午前7時半ごろ、秋田県由利本荘市にあるJR羽越本線の「矢島街道踏切」で、下りの普通列車が乗用車と衝突しました。

車は、衝突の影響で前の部分を中心に大きく壊れていて、警察によりますと、運転していた由利本荘市の小売業 和田篤さん(66)が病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

列車は、山形県の酒田駅から秋田駅に向かっていた2両編成で、JRによりますと、乗客と乗員、合わせて34人にけがはなかったということです。

この事故で、羽越本線は秋田県内で上下線とも3時間半にわたって運転を見合わせましたが、午前11時に運転を再開しました。

現場は、由利本荘市の中心部に近い交通量の多い踏切で、警察は列車の乗務員から話を聞くなどして、事故の状況や原因を調べています。