英エリザベス女王「子どもたちのため行動を」COP26で呼びかけ

イギリスで開かれている気候変動対策の国際会議に、イギリス王室のエリザベス女王がビデオメッセージを寄せ、各国の首脳に対し、子どもたちのために、ことばだけでなく行動を示すべきだと呼びかけました。

北部グラスゴーで開かれている気候変動対策の国連の会議、COP26への出席を静養のため取りやめたエリザベス女王は1日、会議にビデオメッセージを寄せました。

この中で女王は、気候変動対策を進めるにあたっては、多くの困難がともなうとしたうえで、各国が協力すれば乗り越えられるという考えを示しました。
そして、気候変動対策について「現在の私たちのためではなく、子どもたちや、その子どもたちのためだ」と述べ、各国の首脳に対し、ことばだけでなく行動を示すべきだと呼びかけました。

エリザベス女王は先月、COP26を念頭に「世界の指導者たちは気候変動をめぐって話をするばかりで行動しない」などと不満を漏らしていたと地元メディアで伝えられていました。