ナイジェリアで建設工事中の高層ビルが倒壊 複数の死傷者か

西アフリカのナイジェリアの最大都市ラゴスで、建設工事中の高層ビルが倒壊し、現地からの情報によりますと、少なくとも4人が死亡し、複数の建設作業員が、がれきの下敷きになっているおそれもあるとして救助活動が続けられています。

ナイジェリアの最大都市ラゴスで1日、建設工事中だった高層ビルが倒壊しました。

現場の映像では、倒壊したビルのがれきが積み重なっている様子が映し出されていて、大型の機械を使ってがれきを取り除く作業が行われています。

AFP通信が、当局者の話として伝えたところによりますと、これまでに少なくとも4人の死亡が確認されたということです。

また、ロイター通信は、建設作業員の話として現場では当時、大勢の人が働いていて、そのうち複数ががれきの下敷きになっているおそれもあるとしています。

ビルが倒壊した原因は分かっていませんが、ナイジェリアでは、これまでもビルが倒壊し、死傷者が出る事故が起きています。

背景には、人口がアフリカ最大のおよそ2億に上り急増する中、建築に関する規制が徹底されないまま、ビルの建設工事が各地で相次いでいることがあると地元メディアで指摘されています。