日光「いろは坂」の紅葉が見頃に 栃木

紅葉の名所として知られる栃木県日光市の「いろは坂」で、カエデなどの木々が赤く色づき、見頃を迎えています。

日光市の市街地と標高1200メートル余りの中禅寺湖などを結ぶ「いろは坂」は、紅葉の名所として知られ、毎年、秋には多くの人が訪れます。

このうち、上りの坂道の途中にある「黒髪平」の展望台や「明智平」の駐車場では、1日は早くからカメラを持った人などが訪れて、赤く色づいたカエデなどの木々が朝日に染まる様子を写真に収めていました。

また、下りの坂道からは、滝が流れ落ちる渓谷の紅葉を見ることができ、車を止めて景色を楽しむ人の姿も見られました。

宮城県から訪れた30代の男性は「絶景で、うわさに聞いていた以上にすばらしいです。紅葉の赤や緑も残っていて魅了されました」と話していました。

栃木県立日光自然博物館によりますと、いろは坂のことしの紅葉は、強い風などが吹かなければ、今週いっぱい楽しめそうだということです。