台風20号 あす小笠原諸島に接近へ 暴風や高波に厳重警戒を

台風20号は、28日の午後以降強い勢力で小笠原諸島にかなり近づく見込みです。
小笠原諸島では猛烈な風や猛烈なしけになる見通しで、暴風や高波に厳重に警戒し、台風が近づいている間は頑丈な建物の中で安全を確保するようにしてください。

気象庁によりますと、台風20号は、午後6時には日本の南の海上でほとんど停滞していて、中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルです。

中心の半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は強い勢力に発達して、28日の午後から29日朝にかけて小笠原諸島にかなり近づく見込みで猛烈な風が吹くおそれがあります。

28日は、最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルと予想されているほか、海上は10メートルの猛烈なしけとなる見込みです。

29日は、小笠原諸島では引き続き猛烈な風が吹くおそれがあるほか、伊豆諸島南部でも波が高くなり、大しけのおそれがあります。

大雨にも警戒が必要です。

小笠原諸島では台風が近づく前から雨が強まり、28日は非常に激しい雨が降るおそれがあります。

28日夕方までの24時間には100ミリの雨が予想され、その後、29日夕方までの24時間には100ミリから150ミリの雨が降って大雨となる見込みです。

気象庁は、暴風や高波に厳重に警戒するとともに、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫にも警戒を呼びかけています。

風や雨が強い間はなるべく外出は控え、頑丈な建物で安全を確保するようにしてください。