DeNA牧がセ・リーグ新人 最多二塁打の新記録 長嶋茂雄さん抜く

プロ野球・DeNAの牧秀悟選手が、26日夜のヤクルト戦で今シーズン35本目のツーベースヒットを打ち、長嶋茂雄さんを抜いてセ・リーグ新人のシーズン最多二塁打の新記録を達成しました。

牧選手は26日夜、横浜スタジアムで行われたヤクルト戦に4番・セカンドで先発出場しました。

そして1回、4回、6回の打席で3打席連続となるツーベースヒットを打ちました。

この結果、今シーズンのツーベースヒットの数を35本とし、長嶋さんが持っていたセ・リーグ新人の最多二塁打記録34本を上回り新記録を達成しました。

またシーズン14回目となる1試合でヒット3本以上をマークし、こちらも長嶋さんが持つ新人のプロ野球記録に並びました。