日大背任事件 元理事 医療機器の調達でも1億円以上を流出か

日本大学の付属病院の建て替え工事をめぐる背任事件で逮捕された大学の元理事が、医療機器の調達に関する取り引きでも、大学から大阪の医療法人側に1億円以上を流出させた疑いがあることが関係者への取材で分かりました。その後、元理事の知人の会社に少なくとも2千数百万円が送金されたということで、東京地検特捜部は複数のルートで、大学の資金を流出させていた疑いがあるとみて調べているものとみられます。

日本大学の理事だった井ノ口忠男容疑者(64)と大阪市に本部がある大手医療法人「錦秀会」の前理事長、籔本雅巳容疑者(61)は日本大学医学部附属板橋病院の建て替え工事をめぐり、去年、大学から医療法人側に2億円余りの資金を流出させ、大学に損害を与えたとして背任の疑いが持たれています。

関係者によりますと、井ノ口元理事は、このほかにも、病院で使用する高額な画像診断装置などの調達をめぐって籔本前理事長側に大学から1億円以上を流出させた疑いがあることが新たに分かりました。

その後、元理事の知人の会社には、前理事長側から少なくとも2千数百万円が送金されていたということです。

元理事は、大学の子会社「日本大学事業部」の役員として、医療機器の調達に関わっていたということで、東京地検特捜部は元理事らが複数のルートで大学の資金を流出させていた疑いがあるとみて不透明な資金の流れの全容解明を進めているものとみられます。

関係者によりますと、特捜部の調べに対し、2人は逮捕容疑について、いずれも資金の流れを大筋で認めたうえで、大学には損害を与えておらず、背任には当たらないと主張しているということです。