温泉施設でゆず湯のサービス始まる 特産ゆずをPR 島根 益田

島根県内最大のゆずの産地、益田市にある温泉施設で、ゆず湯のサービスが始まりました。

益田市美都町にある温泉施設では特産のゆずをPRしようと毎年、収穫時期に合わせてゆず湯のサービスを行っています。

初日の26日は、午前8時のオープンを前に、収穫したばかりの黄色く色づいたおよそ250個のゆずが、男性用と女性用の露天風呂にそれぞれ浮かべられました。

訪れた入浴客たちは、独特の甘酸っぱい香りに包まれながらゆったりとつかっていました。

この温泉をよく利用しているという益田市の77歳の男性は「ことし初めてのゆず湯と聞いて朝一番に来ましたがとてもいい湯です。ゆずの香りがすごくよくて満足です」と話していました。

ゆず湯は、冬至の前日の12月21日まで、毎週火曜日に行われます。