給食にアジメドジョウの料理 地域の食文化伝える 福井 大野

清流に生息する希少なドジョウ、「アジメドジョウ」を使った給食が、26日、福井県大野市の小中学校で出され、子どもたちが地域の食文化について理解を深めました。

「アジメドジョウ」は福井県大野市を流れる九頭竜川の上流などに生息するドジョウで、「滝分け漁」と呼ばれる独特の仕掛けで漁が行われます。

26日は地元の和泉小・中学校で地域の食文化への理解を深めてもらおうと給食にアジメドジョウを使ったメニューが出されました。

給食でははじめに地元の漁協の組合員が産卵のために川を遡上(そじょう)するアジメドジョウの習性を利用してわなで捕獲する「滝分け漁」の方法を説明しました。

このあと子どもたちがから揚げや甘露煮にしたアジメドジョウを味わいました。
アジメドジョウは臭みがなく、地元では古くから親しまれてきた食材ですが、希少なため1キロ当たり1万円以上で取り引きされることもあり、最近では地元の人でもあまり食べることができなくなっているということです。

小学2年生の男子児童は、「アジメドジョウはめったに食べられないので楽しみにしていました。唐揚げはカリッとしていておいしかったです」と話していました。