プロ野球の結果 26日 ヤクルトが6年ぶりの優勝

プロ野球は3試合が行われ、セ・リーグで優勝へのマジックナンバーを「2」としていたヤクルトが勝ち、2位の阪神が敗れたため、ヤクルトの6年ぶり8回目の優勝が決まりました。

セ・リーグ

▼DeNA対ヤクルトはヤクルトが5対1で勝ちました。

ヤクルトは1対1の3回、サンタナ選手と中村選手の2者連続の2点タイムリーツーベースで4点を勝ち越しました。

先発した高梨投手が4回1失点に抑え、このあと5人のピッチャーでつないで反撃を許しませんでした。

4人目で投げた高橋投手が4勝目です。

DeNAは先発の今永投手が3回5失点と崩れました。

▼阪神対中日は中日が4対0で勝ちました。

中日は2回、相手のエラーで先制し、5回は大島選手が2点タイムリー、8回にも1点を加えました。

先発の小笠原投手は6回無失点で8勝目です。

阪神は打線がヒット4本に抑えられ、レギュラーシーズンを2位で終えました。

パ・リーグ

▼日本ハム対西武は日本ハムが1対0で勝ちました。

日本ハムは0対0の9回、フォアボールなどで1アウト満塁とし代打・松本剛選手が押し出しのフォアボールを選んでサヨナラ勝ちしました。

先発した上沢投手が8回途中まで投げ、3人目の杉浦投手が3勝目をあげました。

今シーズン最終戦の西武は打線がヒット2本に抑えられました。