ASEAN首脳会議 ミャンマー欠席 異例の事態 特使派遣一層難しく

26日開かれたASEAN=東南アジア諸国連合の首脳会議は、加盟国のミャンマーが出席しない異例の事態となりました。クーデター後、混迷を深めるミャンマー情勢の平和的な解決に向けて、ASEANが目指していた特使の派遣は一層難しくなるおそれがあります。

ASEANは26日、加盟国の首脳会議をオンラインで開きましたが、ミャンマーの代表として招いた外務省の高官は出席しませんでした。

ASEANの会議に加盟国の代表が欠席するのは極めて異例で、クーデターで実権を握ったミャンマー軍のトップが招かれなかったことに強く反発したものとみられます。

インドネシア外務省によりますと、ジョコ大統領は会議で「民主主義や人権の尊重などの原則も守る義務がある」と述べ、ASEANがミャンマー軍のトップを会議に招かなかったのは必要な決断だったと強調したということです。

一方、タイのプラユット首相は「きょうのようにメンバーが欠けることのないよう、団結を守らなければならない」と述べ、ミャンマーを孤立させないよう話し合いに参加させる必要性を指摘しました。

ASEANは、ミャンマー情勢の平和的な解決に向けて、軍と民主派勢力との対話を仲介する特使の派遣を目指してきましたが、ミャンマー軍が態度を硬化させるなか派遣は一層難しくなるおそれがあります。

ASEANとミャンマー軍が今後も交渉を続けて妥協点を見いだせるかどうかが焦点になります。

ミャンマー軍は抗議

クーデターで実権を握ったミャンマー軍の統制下にある外務省は26日夜、声明を発表し、この中で、ASEANがミャンマー軍のトップを招かず、代わりに外務省の高官を招く措置をとったことについて、全会一致や内政不干渉といったASEANの原則に反するなどと改めて抗議しました。