一面のコスモス見頃 耕作放棄地を地域の憩いの場に 宮崎 延岡

耕作放棄地を地域の憩いの場に。そんな思いで植えられたコスモスが宮崎県延岡市で見頃を迎えています。

コスモスが植えられているのは、延岡市北川町長井の使われなくなった田んぼ、およそ75アールです。

一面に咲いた赤や白、ピンクの花がさわやかな風に揺られ、たなびいていて、訪れた高齢者施設の一行などがゆっくりと楽しんでいました。

92歳の女性は「初めて来ましたが、自然を感じることができて感動しました」と話していました。

コスモスを植えているのは地元の環境保全団体です。

急増する耕作放棄地は、イノシシなどが増える要因にもなっていて、この団体では、去年から土地を整備して菜の花やコスモスを植え、“地域の憩いの場”となることを目指しています。
家田・川坂地区環境保全会の佐藤友一郎代表(75)は「多くの人が、楽しんでくれているので整備してよかったです。今後も地域内外の人たちの交流の場として充実させたり、新規就農を呼び込んだりして、休耕地の解消をしていきたい」と話していました。

コスモスは今月いっぱい楽しめるということです。