豪 温室効果ガス排出量2050年実質ゼロの目標発表 各国と足並み

オーストラリア政府は、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロとする目標を発表しました。石炭などエネルギー資源の輸出が経済を支えるオーストラリアではこれまで気候変動対策に慎重な意見が根強く、目標策定の遅れが指摘される中、国際社会からの圧力を避けたいねらいがあります。

オーストラリアのモリソン首相は26日、首都キャンベラで会見し、温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロとする目標を発表しました。

それによりますと、2030年までに日本円にしておよそ1兆7000億円を投資し、温室効果ガスの排出を減らす技術の開発を進めるほか、水素や太陽光発電のコストを削減することで温室効果ガスを排出しないエネルギーの普及を加速化させるとしています。

モリソン首相は「排出を削減するだけでなく、雇用を創出し所得を引き上げ、国民の暮らしを守る」と述べ、気候変動対策の経済効果を強調しました。

石炭などエネルギー資源の輸出が経済を支えるオーストラリアではこれまで気候変動対策に慎重な意見が根強く、日本や欧米各国が2050年までに排出量を実質ゼロとする目標を掲げる中、目標策定の遅れが指摘されていました。

モリソン首相は今月末から始まるCOP26に出席する予定で、気候変動対策で各国と足並みをそろえることで国際社会からの圧力を避けたいねらいがあります。