ASEAN首脳会議 ミャンマー欠席 軍トップ招かれず反発か

26日開かれたASEAN=東南アジア諸国連合の首脳会議で加盟国のミャンマーが出席しなかったことが分かりました。クーデターで実権を握った軍のトップが招かれなかったことに強く反発したものとみられ、加盟国の代表が欠席する異例の事態となりました。

ASEANは、26日、加盟国の首脳会議をオンラインで開き、クーデターのあと混迷を深めるミャンマー情勢や領有権争いのある南シナ海の問題などについて話し合ったとみられます。

複数の外交筋によりますと、会議は、日本時間の午後1時ごろ終了しましたが、ミャンマーは出席しなかったということです。

今回の首脳会議をめぐってASEANは、ミャンマーについて、クーデターで実権を握った軍のトップではなく外務省の高官を招いたことから軍の対応が焦点となっていました。

ミャンマー軍は、内政不干渉や全会一致といったASEANの原則に反していると繰り返し抗議していて、会議に出席しないことで強く反発したものとみられ、今回のASEANの首脳会議は加盟国の代表が欠席する異例の事態となりました。