衆院選の前哨戦 参院補選の結果受けて 与野党の受け止めは

衆議院選挙の前哨戦と位置づけた参議院の2つの補欠選挙の結果について、与党側は、影響は限定的なものの、引き締めを図る必要があるとしているのに対し、野党側は、政権に対する国民の怒りの表れだとして衆議院選挙に弾みをつけたい考えです。

岸田内閣発足後、最初の国政選挙となった参議院の2つの補欠選挙は、山口選挙区で自民党の前の参議院議員が圧勝した一方、静岡選挙区では立憲民主党と国民民主党が推薦した無所属の元県議会議員が自民党の候補者などを抑え当選しました。

与党内では「静岡での敗北は、知事が相手候補の支援に回るなど、地域事情が要因だ」などと衆議院選挙への影響は限定的だという受け止めがある一方、「岸田総理大臣が応援に入ったにもかかわらず、勝てなかったのは痛手だ」として引き締めを図る必要があるという指摘もでています。

このため、自民・公明両党は25日、それぞれ幹部が集まって情勢を分析し、接戦となっている選挙区に幹部が重点的に入るなど、後半戦の戦略を確認することにしています。

これに対し、野党側からは「もともと自民党の議席だった静岡での勝利は大きい。これまでの政権に対する国民の不信感や怒りが渦巻いている結果だ」という声があがっています。

そして、衆議院選挙に弾みをつけたいとして、野党連携によって候補者が一本化された選挙区を中心に、活動を強化していくことにしています。