参院山口選挙区補選 自民党の前議員 北村経夫氏が当選

参議院山口選挙区の補欠選挙は、自民党の前の議員で、公明党が推薦した北村経夫氏が3回目の当選を果たしました。

参議院山口選挙区の開票は終了しました。

▽北村経夫(自民・前) 当選 30万7894票。

▽河合喜代(共産・新) 9万2532票。

▽へずまりゅう(N党・新) 6809票。

自民党の前の議員で、公明党が推薦した北村氏が3回目の当選を果たしました。

北村氏は、山口県田布施町出身の66歳。
産経新聞の政治部長などを経て、平成25年の参議院選挙の比例代表で初当選し、2期目の途中で、今回立候補しました。

選挙戦で北村氏はこれまでの実績をアピールし、新型コロナウイルス対策や県内の農林水産業の再生に取り組み山口県を活性化させると訴えました。

その結果、自民党や推薦を受けた公明党の支持層だけでなく、いわゆる無党派層などからも幅広く支持を集め、3回目の当選を果たしました。

参議院山口選挙区の補欠選挙の確定投票率は36.54%と、前回・おととしの参議院選挙より10.78ポイント低くなりました。

北村氏は、「岸田政権にとって初めての国政選挙、衆議院選挙の前哨戦に位置づけられた選挙で、先陣をきって大きな勝利を得られたことを大変うれしく思う」と述べました。