大リーグ ブレーブスがリーグ優勝 22年ぶりワールドシリーズへ

大リーグ、ナショナルリーグの優勝決定シリーズ第6戦は、ブレーブスが4対2でドジャースを破り、対戦成績を4勝2敗として、ワールドシリーズ進出を決めました。

ブレーブスとドジャースの第6戦は23日、ブレーブスの本拠地、アトランタで行われました。

ブレーブスは、2回に連続ツーベースヒットで1点を先制したあと、4回に同点に追いつかれましたが、そのウラ、第4戦で2本のホームランを打ったロサリオ選手が、勝ち越しのスリーランホームランを打ちました。

試合は、ブレーブスが5人の投手リレーでドジャースを2点に抑え、4対2で勝ちました。

この結果、ブレーブスは対戦成績を4勝2敗として1999年以来、22年ぶりとなるワールドシリーズ進出を決めました。

ブレーブスと、アメリカンリーグで優勝したアストロズが対戦するワールドシリーズは、26日から始まります。