福井 美浜原発3号機が定期検査入り テロ対策施設工事遅れ響く

原子力発電所の運転期間を原則40年に制限する制度のもとで、ことし6月、全国で初めて40年を超えて再稼働した福井県にある関西電力の美浜原子力発電所3号機が、23日から発電と送電を停止して定期検査に入りました。

運転開始から44年が過ぎた関西電力の美浜原発3号機は、福島第一原発の事故のあとにできた運転期間を原則40年に制限する制度のもとで特別な検査をパスし、ことし6月に再稼働しました。

通常は1年余りにわたって運転を続けますが、3号機では国に設置を義務づけられているテロ対策施設の工事が遅れ、25日の期限までに完成しないことから、関西電力は23日、発電と送電を停止して定期検査に入りました。

テロ対策施設の建設は期限付きで、各原発に義務づけられていて定められた期日までに整備できない場合は、原子力規制委員会が原発の運転停止を命じることになっています。

関西電力によりますと、施設の完成時期は来年9月ごろを見込んでいて、翌10月の中旬には3号機の運転を再開させたいとしています。

また今回の定期検査では、放射線による原子炉への影響を調べるため、炉内に入れてある試験用の金属片を取り出すほか、核燃料157体のうち48体を取り替える作業などを行うということです。

これで、福井県内で運転中の原発は合わせて4基になりました。