漂流する軽石の影響 海保の巡視艇が航行不能に 沖縄 南方 海上

23日夜、沖縄県糸満市の南方およそ55キロの海上を航行していた海上保安部の巡視艇が、漂流していた軽石を吸い込んで航行不能になりました。
巡視艇はその後、別の船にえい航されて、24日午後2時前、沖縄市の港に到着し、乗組員にけがなどはないということです。

中城海上保安部によりますと、23日午後6時20分ごろ、沖縄県糸満市の喜屋武岬の南方およそ55キロの海上を射撃訓練を終えて航行していた巡視艇「しまぐも」が、エンジンの冷却装置に軽石を吸い込んで航行不能になりました。

ともに射撃訓練を行った巡視船「いしがき」が救出に向かい、23日午後9時半すぎに、ロープを使って巡視艇のえい航を始め、沖縄市の中城新港に24日午後2時前に到着しました。

乗組員9人にけがなどはないということです。

海上保安部によりますと、沖縄近海には小笠原諸島の海底火山から噴出したと見られる大量の軽石が漂流していて、巡視艇はこれを避けながら航行していたものの、吸い込んでしまったということです。

海上保安部では、沖縄近海を航行する際は軽石の吸い込みに十分注意するよう呼びかけています。

海面 帯状に漂う軽石とみられるものを確認

NHKのヘリコプターの映像からは、中城湾の沖合の海面に大量の軽石とみられるものが帯状に漂っているのが確認できました。

軽石とみられるものは、セメントのような色をしていて波の動きにあわせて動いていました。

装置の内部 小さな軽石がびっしりと

航行不能になった巡視艇「しまぐも」に取り付けてあった「海水こし器」と呼ばれる装置の画像です。

エンジン冷却用にくみあげた海水から不純物を取り除くため、金属製の筒に網目状の穴が開いていますが、内部に小さな軽石がびっしりと詰まっている様子を確認することができます。