中国軍 ロシア軍の艦艇 伊豆諸島付近海域でヘリコプター発艦

今月、津軽海峡を初めて同時に通過した中国軍とロシア軍の艦艇が21日、伊豆諸島付近の海域でそれぞれヘリコプターを発艦させたのを海上自衛隊が確認しました。
防衛省は中国軍とロシア軍がこれまでにない行動を取っているとして目的を分析するとともに、警戒と監視を続けています。

今月18日、中国軍とロシア軍の艦艇合わせて10隻が津軽海峡を初めて同時に通過し、日本海から太平洋に出ました。

津軽海峡は「国際海峡」のため、軍艦を含めて外国の船舶の航行が国際的に認められています。

防衛省によりますと、10隻はその後、太平洋を南下し、千葉県の犬吠埼の沖合を通ったあと、伊豆諸島の須美寿島と鳥島の間を通過しました。

そして21日午前、須美寿島の南西およそ50キロから100キロの海域で中国軍とロシア軍、それぞれのフリゲート艦からヘリコプター1機ずつが飛び立ったのを海上自衛隊の艦艇などが確認したということです。

航空自衛隊の戦闘機がスクランブル=緊急発進し、2機は領空侵犯することなく着艦しました。艦艇の領海への侵入もなかったということです。

10隻の艦艇は中国軍とロシア軍が日本海で行っていた合同軍事演習に参加していたとみられ、防衛省は、両国軍がこれまでにない行動を取っているとして目的を分析するとともに、警戒と監視を続けています。
防衛省は、ヘリコプターの発艦などを確認した海域を小笠原諸島付近と発表していましたが、その後、伊豆諸島付近と訂正しました。