日大背任事件 医療法人前理事長 内部資料を設計事務所に提供か

日本大学の付属病院の建て替え工事をめぐる背任事件で、逮捕された大阪の医療法人の前理事長が業者選定の前、都内の設計事務所に、日大側から入手した内部資料を知人を通じて提供していた疑いがあることが関係者への取材でわかりました。その後、受注したこの設計事務所を通じて大学から医療法人側に2億円余りが流出した疑いがあり、東京地検特捜部は前理事長が業者の選定段階から深く関わっていたとみて経緯を調べています。

日本大学の理事だった井ノ口忠男容疑者(64)と大阪市に本部がある大手医療法人「錦秀会」の前理事長、籔本雅巳容疑者(61)は、日本大学医学部附属板橋病院の建て替え工事をめぐり、大学に損害を与えたとして背任の疑いが持たれています。

2人は、工事の設計業務などを24億円余りで受注した都内の設計事務所を通じて、医療法人側に2億円余りを流出させた疑いがあることが分かっています。

関係者によりますと、この設計事務所は、籔本前理事長の知人から業者の選定手続きに参加するよう持ちかけられたということです。

また籔本前理事長は、業者選定の前、井ノ口元理事から入手した手続きの実施要項の案を知人を通じて設計事務所に提供するなどしていた疑いがあることが新たに分かりました。

東京地検特捜部は籔本前理事長が確実に利益を得るため業者の選定段階から深く関わっていたとみて経緯を調べています。

関係者によりますと籔本前理事長はこれまで周囲に、事実関係を大筋で認めたうえで「大学には損害を与えておらず背任には当たらない」などと説明しているということです。