静岡市の期日前投票所で二重投票 誤って衆院選入場券を再発行

参議院補欠選挙と衆議院選挙の期日前投票が同時に行われている静岡市の期日前投票所で、有権者1人に担当の職員が衆議院選挙の入場券を誤って再発行し、二重に投票が行われるミスがありました。

静岡市葵区の選挙管理委員会によりますと、21日正午ごろ、静岡市役所に設けられた期日前投票所で、投票に訪れた高齢の有権者1人が持っていた衆議院選挙の入場券を、担当の職員が誤って参議院静岡選挙区の補欠選挙の入場券と思い込み、衆議院選挙の入場券を再発行したということです。

このミスが原因で、この有権者は二度、衆議院選挙の投票に案内され、二重に投票したということです。

選挙管理委員会によりますと、投票はシステムで管理していて、2回目の投票に訪れた場合には画面上にエラーメッセージが表示される仕組みになっていましたが、職員は画面を確認しなかったということです。

定時に行う投票用紙の枚数確認で、受け付けた人数と異なったためミスが発覚したということで、選挙管理委員会では、二重に投票された票は、ほかの票と区別できないため、有効な投票として扱うとしています。

選挙管理委員会は、2つの国政選挙の期日前投票の期間が重なったことがミスにつながったとしていて「衆議院選挙の入場券が手元に届いていない有権者が多かったことから、今回の高齢者にも届いていないと担当者が思い込んで、二重に発行してしまった。今後はエラーメッセージを複数の職員で確認するなど、再発防止を徹底したい」とコメントしています。