国民 玉木代表 “岸田内閣の危機管理は極めてぜい弱”と批判

北朝鮮が19日、弾道ミサイルを発射した際、岸田総理大臣と松野官房長官が東京を離れていたことについて、国民民主党の玉木代表は、岸田内閣の危機管理は極めてぜい弱だと批判しました。

北朝鮮が19日に弾道ミサイルを発射した際、岸田総理大臣と松野官房長官は衆議院選挙への対応などのため、いずれも東京を離れていました。

これについて国民民主党の玉木代表は20日、岐阜県大垣市で記者団に対し「危機管理上、大変問題だ。さらに岸田総理大臣は発射が分かったあと、遊説のために福島から仙台に向かい国家の判断が求められる中で選挙を優先した。はなはだ残念で国益に反する」と述べました。

そのうえで、与党側が発射当時には磯崎官房副長官などが待機していて、政府の対応に問題はなかったとしていることについて「国家の危機管理を官房副長官で対応できるという判断自体が間違いだ。岸田内閣の危機管理は極めてぜい弱だ」と批判しました。