北朝鮮「新型SLBMの発射実験を実施」労働新聞が報道

北朝鮮は潜水艦から新型のSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを発射する実験に、19日成功したと発表しました。発射されたミサイルは模様や形状から、ピョンヤンで開幕した兵器の展示会で初めて確認された小型のSLBMである可能性が指摘されています。

20日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、国防科学院が19日、党の軍需工業部長らの立ち会いのもと、新型のSLBMの発射実験に成功したと伝えました。

北朝鮮が19日午前、東部のハムギョン(咸鏡)南道シンポ(新浦)の沖合から日本海に向けて行った短距離弾道ミサイルの発射を指すとみられます。
北朝鮮がSLBMを発射したのは、おととし10月に東部のウォンサン(元山)沖から「北極星3型」を発射して以来です。

発表では「5年前に初めてSLBMを発射した潜水艦から再び新型SLBMの発射に成功した。多くの進化した誘導技術が導入された」としています。

紙面には、海上にうち出されたミサイルが炎を吹き出しながら上昇していく様子や、浮上した潜水艦の姿を捉えた写真合わせて5枚が掲載されています。

このミサイルについて、韓国の専門家などは、模様や形状から今月11日にピョンヤンで開幕した兵器の展示会で初めて確認された、これまでより小型のSLBMである可能性を指摘しています。

一方で韓国は、北朝鮮による過去のSLBMの発射は、潜水艦ではなく、水中に設けられた発射装置からだったとみていて、北朝鮮が、潜水艦からのSLBMの発射実験に初めて成功したと先月発表した韓国を意識しているとの見方も出ています。

磯崎官房副長官 “EEZ外側の日本海に落下”1発はSLBMとの見方

磯崎官房副長官は記者会見で、19日に北朝鮮が発射したミサイルのうち、日本のEEZ=排他的経済水域の外側の日本海に落下したと推定される1発について、新型で、固体燃料推進方式のSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルだという見方を明らかにしました。

そのうえで「先月12日に北朝鮮メディアが映像などを公表した展覧会に登場したミサイルのうち、これまで北朝鮮により名称などが発表されていないSLBMとみられるものと、外形上、類似点はあるが、この場で確たることをお答えすることは差し控えたい」と述べたうえで、詳細については引き続き分析する必要があるという考えを示しました。

防衛省「SLBM発射は5回目」

防衛省によりますと、北朝鮮がSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを発射したのは、今回が5回目だということです。発射はおととし10月2日以来です。