弾道ミサイル2発 北朝鮮の東側から発射 防衛省

防衛省によりますと19日午前10時15分と午前10時16分ごろ、北朝鮮の東側から弾道ミサイル2発が発射されたということです。

いずれも朝鮮半島の東側の日本海に落下したと推定され、落下地点については、日本の排他的経済水域の内側か外側かを含め、分析中だということです。またこれまでのところ、付近を航行する航空機や船舶に被害の報告はないということです。

これを受けて岸田総理大臣は午前11時すぎ、福島市で記者団に対し「先ほど北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射した。先月来、北朝鮮が連続してミサイルを発射していることを大変遺憾に思う」と述べました。

そのうえで情報の収集と分析に全力を挙げ、国民に対し迅速・的確な情報提供を行うこと、航空機や船舶などの安全確認を徹底すること、それに不測の事態に備え万全の態勢をとることを指示したと説明しました。

また岸田総理大臣は、記者団から被害の状況を問われたのに対し「まだ確認されていないし、引き続き情報収集と分析に努めなければならない」と述べました。

さらに発射が衆議院選挙の公示のタイミングで行われたことについて問われ「北朝鮮の意図については、私の立場から予断するのは控えたいと思うが、引き続き事態の把握と情報収集にはしっかり努めていかなければならない」と述べました。

韓国軍 ミサイルは海上から発射されたSLBMと推定

韓国軍は、北朝鮮が19日発射したミサイルについて、SLBM=潜水艦発射弾道ミサイルと推定されると発表しました。

韓国政府の関係者は、初めて潜水艦から新型のSLBMを発射した可能性があるとしています。

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が19日午前、日本海に向けて発射したミサイルについて、東部のハムギョン(咸鏡)南道シンポ(新浦)の沖合から発射されたSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルと推定されると発表しました。

北朝鮮が今回発射したのがSLBMだとすれば、おととし(2019年)10月に東部のウォンサン(元山)沖から「北極星3型」を発射して以来となります。

韓国政府の関係者は、飛行距離はおよそ590キロ、高度はおよそ60キロだったとした上で、初めて潜水艦から新型のSLBMを発射した可能性があるとしています。

また、韓国軍がミサイルは1発だったと説明していることについては、ミサイルが切り離されて2つになったことも考えられると指摘しています。

韓国の通信社、連合ニュースは、10月11日にピョンヤンで開幕した兵器の展示会で公開された、小型のSLBMとみられるミサイルの可能性もあると伝えました。

一方、韓国政府は、NSC=国家安全保障会議を開いて、対応を話し合い、関係国が協議を行っている中、北朝鮮がミサイルを発射したことに深い遺憾の意を表明しました。

そのうえで、アメリカなどとの緊密な協議を通じて必要な措置を講じるとともに、北朝鮮に対し、朝鮮半島情勢の安定が重要だとして対話に応じるよう求めるとしています。