韓国 温室効果ガスの削減目標 40%に大幅引き上げ

国連の気候変動対策の会議が開かれるのを前に、韓国は、2030年に向けた温室効果ガスの削減目標を大幅に引き上げて、40%とすることを決めました。

韓国のソウルでは18日、ムン・ジェイン(文在寅)大統領をはじめ、政府の担当者や専門家らが気候変動への対応を話し合いました。

この中で2030年に向けた温室効果ガスの削減目標の最終案をまとめ、2018年と比べて40%の削減を目指すこととして、これまでの目標の26.3%から大幅に引き上げました。

また、2050年までに温室効果ガスの排出をゼロにする目標の達成方法についても取りまとめ、ムン大統領は「韓国経済の持続的な成長と、国の競争力を高めるためにも、よりスピード感を持って取り組んでいく」と述べました。

そのうえで、再生可能エネルギーの利用を拡大して、エネルギー構造を大きく転換することや、電気自動車の普及を進めることなどの重要性を訴え、政府として積極的に支援していくと強調しました。

韓国政府は、これらの方針を来週の閣議で正式に確定したうえで、今月末からイギリスで開かれる国連の気候変動対策の会議、COP26で国際社会に向けて発表することにしています。