19~20日 大気不安定に 日本海側中心 落雷 突風など注意

上空の寒気や低気圧の影響で、19日と20日にかけて西日本と東日本の日本海側を中心に大気の状態が不安定になるおそれがあります。

落雷や竜巻などの激しい突風、ひょう、急な強い雨に注意が必要です。

気象庁によりますと、18日朝は上空にこの時期としては強い寒気が流れ込んだため、最低気温は
北海道標茶町でマイナス5.6度、
栃木県の奥日光でマイナス1.5度、
東京の都心でも9.2度と、
各地で11月上旬から下旬並みの冷え込みとなりました。

19日の冷え込みは18日よりは弱まる見込みですが、最低気温は札幌市で5度、盛岡市で6度、東京の都心で12度などと予想され、今週いっぱいは全国的に寒気の影響を受けやすく寒さが続く見通しです。

19日から20日にかけては、上空の寒気に加え日本海に発生する低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本と北陸、新潟県など日本海側を中心に大気の状態が不安定になる見込みです。

西日本では19日朝から、東日本では19日夕方から、落雷や突風、急な強い雨、それにひょうにも注意が必要です。

また、東北の日本海側でも20日は大雨となるおそれもあります。

急に冷たい風が吹くなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物に移動するなど安全の確保を心がけてください。

また、低気圧が近づく北陸や新潟県、東北の日本海側では高波にも十分注意してください。