自民 高市政調会長 靖国神社に参拝「日本人として当たり前」

自民党の高市政務調査会長は、18日昼前、秋の例大祭が行われている東京 九段の靖国神社に参拝しました。

靖国神社では、17日から秋の例大祭が行われていて、自民党の高市政務調査会長は、18日午前11時半すぎ、靖国神社を訪れ、本殿に昇殿して参拝しました。

参拝を終えたあと、高市氏は記者団に対し「国策に殉じられた方に尊崇の念を持って、感謝の誠をささげた。1人の日本人として当たり前のことであり、外交問題であるべきではない」と述べました。

高市氏は、毎年、春と秋の例大祭の期間中や、8月15日の終戦の日に、靖国神社に参拝していて、先月の自民党総裁選挙に立候補した際には、総理大臣に就任した場合でも参拝を続ける意向を示していました。