京大 霊長類研究所元教授の論文4本 データねつ造認定 処分検討

京都大学はすでに退職した霊長類研究所の元教授が発表した4本の論文について、データのねつ造が行われたと認定し、元教授に論文の撤回を勧告するとともに処分を検討していると公表しました。

これは15日、京都大学の理事などが会見を開いて明らかにしました。

それによりますと、去年3月に定年退職した京都大学霊長類研究所の正高信男元教授(66)がおととし発表した論文について、実験を行う際の手続きに疑わしい点があるという情報が大学に寄せられたということです。

論文は、社会不安障害のある10代の複数の若者に、大麻の抽出成分を服用させて効果を分析したとするもので、大学は調査委員会を設けて去年6月から1年余りかけて調査を行いましたが、元教授は聞き取りに応じることはなく、実験データなども提出しなかったということです。

また、被験者が参加した実験が行われた事実も確認できなかったことから、委員会は、故意によるねつ造が行われたと認定したということです。

さらに、平成26年から28年にかけて執筆したほかの3本の論文についてもねつ造があったと認定し、大学は元教授に4本の論文の撤回を勧告するとともに処分を検討しています。

大学によりますと元教授から今回の調査結果に対する不服申し立ては期限までになかったということです。

正高元教授「拙速と思う発表に当惑」

これに対して正高元教授は報道各社に対して、「ヒアリングの要請も皆無のまま現在に至っており、実験データは霊長類研究所に置いて去っているので、私がデータの提出に応じないというのならば、それは的外れと言わざるをえないと考えます。拙速と思う発表をされることに当惑するのみです」とコメントしています。

京大で研究不正相次ぐ 理事「全学あげて倫理規範意識高める」

京都大学では理学研究科に所属していた元教授が熊本地震に関する論文をめぐる複数の論文で、ねつ造や改ざんを行っていたことが発覚し、ことし9月に論文の撤回を勧告されるなど、研究不正が相次いで明らかになっています。

こうしたことについて京都大学の北村隆行理事は「その道の権威と言われる者が立て続きにこうした事態を起こしたことは非常に残念で、社会に申し訳なく思っております。研究論文については、本人の自覚と良心によるところが大きく、全学をあげて倫理規範意識を高めていきたい」と話しています。