「ファーストの会」衆院選の候補者擁立を見送り 発表

東京の地域政党「都民ファーストの会」が国政進出に向けて立ち上げた「ファーストの会」は、今回の衆議院選挙で候補者の擁立を見送ると発表しました。

地域政党「都民ファーストの会」は、今月3日、荒木千陽代表が記者会見し、国政進出に向けて新たに「ファーストの会」を立ち上げ、今回の衆議院選挙で都内の選挙区を中心に候補者の擁立を目指すことを明らかにしました。

その後、候補者の公募などを進めていましたが、15日、擁立を見送ると発表しました。

理由について、「ファーストの会」は「国政政党に有利な現行の選挙制度のもと、異例ともいえる戦後最短の日程で公示日が早まったことなどを受け、都民の期待に沿う戦いは難しいと判断した」などとしています。

そのうえで、これまで応募した人たちについては「今後の戦いへ共に参加していただく方向で調整を進めていく」として、今後の国政選挙に向けて準備を進める考えを示しました。

小池知事「戦略的に総合的に判断したのだろう」

地域政党「都民ファーストの会」の特別顧問を務める東京都の小池知事は都庁で記者団に対し「ファーストの会の荒木代表とは、折に触れて、ありとあらゆることで意見交換をし相談を受けている。今回は日々状況がいろいろと変化する中で、戦略的に、総合的に判断したのだろうと理解している。これからもチャレンジを続けたいという気持ちはしっかり受け止めたい」と述べました。