NTTドコモの通信障害 “5Gと4Gはすべて回復”

NTTドコモは14日、全国規模で起きた通信障害が復旧したあとも一部の利用者の間で通話や通信がつながりにくい状況が続いていましたが、最新の通信規格の5Gと4Gについては、すべて回復したと発表しました。ただ、3Gは引き続き一部で利用しづらくなっているということです。

通信ネットワーク工事中 大量信号の送出が原因か

NTTドコモは14日午後5時ごろに全国規模で起きた通信障害について、発生からおよそ3時間後に「復旧した」と発表しました。

通信ネットワークの工事中に大量の信号が送出されるトラブルがあったことが原因とみられています。

しかし、その後も通話や通信の集中を避けるために制限をかけたことで一部の利用者の間では通話や通信がつながりにくい状況が続いていました。

これについてドコモは、最新の通信規格の5Gと4Gは15日午前5時すぎにすべて回復したと発表しました。

一方、いわゆる「ガラケー」と呼ばれる携帯電話の3Gは引き続き一部で利用しづらくなっていて、復旧に向けて対応しているということです。

なお、会社によりますと、4G契約で3Gの表示となっている利用者については端末の再起動を行うことで改善する場合があるとしています。

NTTドコモは「ご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます」とコメントしています。

ドコモ 午後2時から会見へ

NTTドコモは今回発生した通信障害について15日午後2時からオンラインで会見を開き、障害が起きた原因や詳しい経緯を説明することにしています。

松野官房長官「大変遺憾だ」

松野官房長官は閣議のあとの記者会見で「原因についてはネットワーク工事に支障が生じ通信量が増大したためという報告を受けているが、通信障害の詳細な原因や具体的な影響範囲については現在、NTTドコモにおいて調査中だと聞いている」と述べました。

そのうえで「国民生活の重要なインフラである携帯電話サービスについて大規模な影響を及ぼす障害が発生したことは大変遺憾だ。総務省からNTTドコモに対し、原因究明と影響範囲の報告を求めるとともに、利用者への十分な説明と通信障害の再発防止に取り組むことを指示した」と述べました。

金子総務相「原因究明し速やかに報告求める」

金子総務大臣は15日の閣議のあとの会見で、重要なインフラの携帯電話サービスで障害が起きたことは遺憾だとしたうえで原因などについて速やかに報告するよう求める考えを示しました。

この中で金子総務大臣は「国民生活の重要なインフラである携帯電話サービスで大規模な影響を及ぼす障害が発生したことは大変遺憾だ」と述べました。

そのうえで「今回の事態を重く受け止めている。NTTドコモに対して原因を究明して速やかに報告するよう求めるとともに、携帯電話事業者としての社会的責任を果たし、利用者保護のため再発防止に向けて万全を期してもらいたい」と述べ、NTTドコモに対し原因などを調べたうえで速やかに報告するよう求める考えを示しました。