山口フィナンシャルグループ 前会長の辞任勧告決議を可決

山口銀行などを傘下に置く山口フィナンシャルグループは、14日の取締役会で、前の会長で現在は取締役の吉村猛氏に対し、会長時代に取締役にふさわしくない行為があったとして辞任勧告決議を可決したと正式に発表しました。関係者によりますと、吉村氏は勧告を受け入れなかったということで、会社側は今後、臨時の株主総会を開き、取締役の解任を提案することにしています。

山口フィナンシャルグループは、14日の取締役会で、前の会長兼CEOで今は代表権のない取締役を務める吉村猛氏に対する辞任勧告決議を可決したと正式に発表しました。

決議には吉村氏本人を除く9人の取締役全員が賛成したということです。

銀行で元経営トップに対して辞任勧告決議が可決されるのは、極めて異例です。
決議の理由については吉村氏が、会長だった去年11月から消費者金融大手と共同で新たな銀行を設立する計画を水面下で進めていたことなどについて、取締役会として「業務執行の進め方に係るガバナンス上の問題であり、放置すれば企業価値を損なうおそれも否定できず、吉村氏は取締役としての資質を有さない」と判断したということです。

新銀行の設立などについては社内の調査でも「権限の逸脱があった」などと指摘されたということです。

前会長は勧告を受け入れず

一方、関係者によりますと、吉村氏は勧告を受け入れず、会社側は今後、臨時の株主総会を開き、取締役の解任を提案することにしています。

会見で椋梨敬介社長は「経営の礎となるガバナンス体制を健全なものとし利害関係者との適切な共存に努める」と述べ、組織体制の改善を進める考えを示しました。