衆議院解散 各党党首が街頭で訴え

衆議院の解散を受けて、各党の党首たちは早速、街頭で訴えました。

立民 枝野代表「分配なくして成長なし」

立憲民主党の枝野代表は、横浜市で街頭演説し「新型コロナでこんなに日本の社会がいたんだ原因はアベノミクスだ。岸田総理大臣は『成長と分配の好循環』と新しいことを言っているように聞こえるが安倍政権の時と同じだ。この9年間、成長できなかったことへの反省なしに経済は立て直せない。私たちの立場は明確で『分配なくして成長なし』だ。いざというときに国民を支える政府をつくるために政治を変えよう」と訴えました。

公明 山口代表「政策を着実に実行できるのは自公政権しかない」

公明党の山口代表は、東京 有楽町で街頭演説し「今度の選挙は『コロナ克服日本再生選挙』だ。新型コロナウイルスに対する不安が残る中で、コロナでいためつけられた社会や経済をどう立て直していくかが問われる」と指摘しました。
そのうえで「立憲民主党と共産党は、選挙協力すると言っているが、その先の政権の姿がはっきり見えず、極めて安定感がない。国民が望む政策を着実に実行できるのは、自公政権しかないと確信しており、公明党は連立政権になくてはならない」と訴えました。

共産 志位委員長「本気の野党共闘の態勢はつくられた」

共産党の志位委員長は、東京 池袋で街頭演説し「新型コロナとのたたかいは、まだまだ続き、持続化給付金の第2弾の支給などが必要だ。岸田総理大臣は『成長と分配の好循環』ということも言いだしたが、これは安倍元総理大臣のスローガンで、アベノミクスの三番煎じだ。もう出がらしで、味もなければ色もない。政権交代に向けた本気の野党共闘の態勢はつくられたので、政権交代を始めよう」と訴えました。

維新 片山共同代表「是々非々主義で日本の政治をよくしたい」

日本維新の会の片山共同代表は、東京 新橋で街頭演説し「私たちは、拠点のある大阪で議会の定数や給与を減らす『身を切る改革』を率先し、そのお金で保育料を無料にするなど、目に見える成果を出している。われわれ『維新』の議席を増やし『是々非々主義』で、いいことは賛成し、悪いことは反対しながらチェックをしていく。そうやって日本の政治をよくし、変えていきたい」と訴えました。

国民 玉木代表「給料があがる経済を実現へ」

国民民主党の玉木代表は、東京 新橋で街頭演説し「最大の争点の1つは、コロナで傷ついた日本経済をどう立て直していくかだ。もう1度、給料があがる経済を実現するために50兆円の大規模な緊急経済対策を行い、徹底的に経済をあたためていく。また、いまいちばん欠けているのは政治への国民の信頼で、私たちがまっすぐ戦う姿を見せることから信頼回復の第一歩を始めたい」と訴えました。