無免許運転で事故 木下議員に改めて説明要請 都議会

東京都議会は、無免許運転で人身事故を起こして辞職勧告が決議されたものの説明の場に一度も姿を見せていない木下富美子議員に対して、議会に来て見解を明らかにするよう改めて文書で求めました。

木下議員は、ことし7月の都議会議員選挙の期間中に無免許運転で人身事故を起こし、これまでに2回、辞職勧告が決議されています。

都議会は、13日閉会した定例会の会期中に議会を訪れ考えを明らかにするよう求めていましたが、木下議員は体調不良を理由に一度も姿を見せていません。
このため、都議会は、辞職勧告への見解と、長期にわたり議会を訪れていない事情を説明すべきだとして、木下議員が所属する委員会が開かれる来月25日までに議長室に来るよう改めて文書で求めました。

文書は議長と副議長の名前で出され、「みずから説明することが都民から信託をうけた議員の当然の責務と考えます」などとしています。